クロスモード49F 灼熱の熱闘 『若き指導者』と『厳格な武人』と『味方殺しの狂戦士』

インターミッション

今回のステージ開始前準備では、
騎士ガンダムをアップグレードしました

f:id:Werver:20201122152022j:plain

・バザーで『サイコフレーム』を購入しました

f:id:Werver:20201122152041j:plain

良い買い物が出来ました

・強化パーツを以下の通りに付け替えました
 ・サイコフレームメタナイト
 ・超合金ニューZ→騎士ガンダム
 ・ナノマシンユニット→騎士ガンダム
 ・ENチップ→KOS-MOS
 ・バイオニックコンデンサT-elos
 ・光の勲章→ワルキューレ
・以下のユニットを改造しました
 ・ブレード:6→7
 ・アダム:6→7
以上です

では、次のステージへ行きましょう。

ロボッと!ダンジョン49F

出撃準備

では、出撃メンバーを決めましょう。

f:id:Werver:20201122152435j:plain

今回の出撃メンバーです

そして、出撃位置を調整します。

f:id:Werver:20201122152502j:plain

柱は進入不可なので、移動しづらいです

今回の説得可能ユニットは、

f:id:Werver:20201122152729j:plain

若くして、エリート集団『ウルトラ兄弟』候補に選ばれる実力者

そしてボスがコチラ。

f:id:Werver:20201122153206j:plain

どうも中ボスには、味方のイメージが強いキャラが多い気がします

f:id:Werver:20201122153435j:plain

劇場版では、唯の一般兵扱いされた不遇キャラ

では、行きましょう!

ステージ攻略

さて、攻略開始です。

今回は、とりあえず周囲のザコ敵を、
片付けつつ、陣形を整えます。

そして、2ターン目。
近付いて来た説得可能ユニットを、
説得します。

f:id:Werver:20201122171919j:plain

威力の低い武器と『てかげん』を持っている、ポプテピピックは重宝します

f:id:Werver:20201122172049j:plain

上手く行きました!

説得に成功しました!

しかし、とても戦力にはならないので、
MAPの後方に退却させます。

その後、『巨神兵』のMAP兵器を『かく乱』で躱しつつ、
残りのザコ敵を倒して行きます。

すると、中ボスが近付いて来ました。

f:id:Werver:20201122175602j:plain

機体性能が低くても、パイロットが強いと厄介です

放置するのも危険な為、さっさと撃破します。

f:id:Werver:20201122175807j:plain

盾持ちのボスは、結構な確率でシールド防御してきますので『直撃』が重要です

更に、残ったザコ敵を蹴散らして、
いよいよボス戦です!

f:id:Werver:20201122180217j:plain

・・・まぁ、機体が量産機なので正直物足りないですが

とは言え、今作のボスとしては、
最下級クラスのランクなので、
苦労せずに撃破出来ました。

f:id:Werver:20201122181241j:plain

これだけだと、唯の『弱いボス』ですが・・・

これで、ステージクリア!
・・・ですが、今回のボス『カムジン』は、
以前紹介した『シャア・アズナブル』と同様に、
特別な強化パーツを、偶に落とします。
それがコレ。

f:id:Werver:20201122182414j:plain

本家でも、初代マクロスが参戦すると度々登場する強化パーツ

これ以外に入手法が無い限定品で、
入手するとボーナスでRPが貰えます。
ちなみに、装備した時の効果は、
『出撃時の気力が110になる』で、なかなか強力です。
・・・が、今回はクリアボーナスの『ガチャ回数+』を、
優先する為、こちらは入手出来ませんでした。

ロボガッチャ

今回のガチャ結果はコチラ。

f:id:Werver:20201122185320j:plain

詳細不明の『謎の生命体』

f:id:Werver:20201122185624j:plain

(現実世界で)多難の道を歩んだウルトラマン

そして・・・、

f:id:Werver:20201122190416j:plain

これが出てきた、と言う事は・・・

以前解説した様に、クロスモードでは、
入手出来るユニット数に制限があります。
そして、今回のロボガッチャで制限数一杯まで、
ユニットを入手したため、『達成率100%』になりました。
ちなみに、報酬としてRPと、
強化パーツ『W-UPユニット』が手に入ります。

そして、縛り内容の『SSサイズユニット全て仲間にする』も、
達成されました。

・・・ここで『達成率100%』となり、
これ以上ユニットの加入はありません。
と言う事で・・・

次回、最終回に続く。

ユニット解説

この解説を読むにあたって、以下の注意事項は必読です。
・筆者の独断と偏見で書いております。
・この縛りでの評価ですので、通常プレイでの参考にはあまりなりません。
・評価はA~Eの五段階評価です。
 ・A 1軍
 ・B 1.5軍
 ・C 2軍
 ・D 3軍
 ・E 戦力外

以上に気をつけてお読みください。

今回解説するユニットはコチラ。

・矢的猛

f:id:Werver:20201122205149j:plainf:id:Werver:20201122205219j:plain

昭和ウルトラマンシリーズ最終作『ウルトラマン80』の主人公。
地球滞在時は教師を勤めていた。

最初は戦闘機で出撃し、脱出するか、
撃墜されると生身で飛び出し、そこで変身出来る。
変身するときにEN(と一応HP)が全回復する。
この縛りでは生身形態のみ使用可能。
しかし、耐久がほぼ0な上回避も並。
移動後に攻撃出来ないが、
気力が上がれば長射程で中々の威力の武器を使用出来る。
但し、弾数がかなり少ないのですぐ息切れする。
しかし、そこまで耐えらるかとなると、
かなり難しいだろう。

評価:D

・こいつ

f:id:Werver:20201122205347j:plainf:id:Werver:20201122205317j:plain

コナミSTGパロディウス』シリーズに登場する、謎の生命体。
解っている事は、(初登場時点で)生後3時間と言う事だけ。

STGの自機だけあり、回避がかなり高いが耐久は紙。
中々の威力の長射程武器を持っているが、
1ターンに1発しか撃てず、効率が悪い。
最強武器はMAP兵器なのだが、直線型で射程が短いので、
敵をあまり巻き込めず、援護したりさせたりが出来ない-要素となっている。
・・・と、弱くはないがかなり扱いづらい。

評価:B

・カグラゲンキ

f:id:Werver:20201122205513j:plainf:id:Werver:20201122205540j:plain

ウルトラマンシリーズの1つ『ウルトラマンネオス』の主人公。
ちなみに、TVシリーズではなくオリジナルビデオ作品である。

最初は戦闘機で出撃し、脱出するか、
撃墜されると生身で飛び出し、そこで変身出来る。
変身するときにEN(と一応HP)が全回復する。
この縛りでは生身形態のみ使用可能。
しかし、耐久がほぼ0な上回避も並。
移動後に攻撃出来ず、火力も低い。
しかし、手軽に使用できるMAP兵器を所持しているが、
こちらも威力が低く、あえて使う意味は無いだろう。

評価:D

・バーサル騎士ガンダム

f:id:Werver:20201122205658j:plainf:id:Werver:20201122205624j:plain

アップグレードにより、『バーサル騎士』の称号を得た騎士ガンダム
三種の神器を失ったが、砕かれた鎧と盾を使い、
鎧を新調している。(剣は行方不明)

ステータスが1周り強化されており、
アップグレード前の神器装備状態よりも、強くなっている。
シールド防御の確率補正もそのままで、
武装面も、神器装備状態とほぼ同等のラインナップに。
火力が少し上がっている他、
移動後射程2の新必殺技が追加されており、
攻撃しやすくなっている。
更に、本家『BX』と同様にサブパイロットとして、
『ドラゴンベビー』が加入する為、精神面も充実している。
そして気力130以上で『合体』する事で・・・、

f:id:Werver:20201123160711j:plainf:id:Werver:20201123160736j:plain

真の姿である『スペリオルドラゴン』に変身出来る。
但し、この形態になるとドラゴンベビーがステージクリアまで、
居なくなってしまうので、合体前に精神を出来るだけ使っておく事。
ステータスが更に上昇するが、
シールド防御の確率補正が無くなってしまうので注意。
武装面は、武器数が減るものの必要最低限は残っており、
最大射程が伸びる上、火力も上昇している。
更に、強力な必殺技が追加され、最大火力も大幅に上がっている。

評価:A

・こいつ(フル装備)

アップグレードにより、
全てのパワーアップを開放したこいつ。

回避が上昇し、バリアが追加されるが、
元々の耐久が低い為、あまり意味がない。
そして、MAP兵器が2種類追加されるが、
片方は範囲が独特で扱いづらい。
更に、オプションが追加され、火力上昇と、
一部の武器に連続攻撃属性の追加と回数の増加が、
気力上昇に合わせて、行われる様になった。
それにより、気力の管理が重要になったので、
立ち回りには気を付けたい。

評価:B