クロスモード20F 激震走る地底 『大地の光』と『四天王その3』

インターミッション

今回のステージ開始前準備では、
・バザーは利用していません
・強化パーツを以下の通りに付け替えました
 ・高性能レーダー→マグナムエース
 ・学習型コンピュータ→オーガン
 ・メガブースター→ハリケーン
宮藤芳佳をアップグレードしました

f:id:Werver:20200901225848j:plain

実は、このモードと相性が悪い必殺技

KOS-MOSをアップグレードしました

f:id:Werver:20200901225927j:plain

バグと遭遇して、アップグレードが遅れました

以上です
では、次のステージへ行きましょう。

ロボッと!ダンジョン20F

出撃準備

では、出撃メンバーを決めましょう。

f:id:Werver:20200901230330j:plain

・・・どうやら、またの様ですね

f:id:Werver:20200901230510j:plain

溶岩の様な物が見えますが、唯の床なので安心です


すると・・・、

f:id:Werver:20200901230806j:plain

ゲームの更新で、アダムに顔グラも実装されました

f:id:Werver:20200901230912j:plain

いきなり囲まれてますね

どうやら、再び特殊MAPの様です。

今回の説得可能ユニットは、

f:id:Werver:20200901231139j:plain

赤い、大地の光の巨人

そしてボスがコチラ。

f:id:Werver:20200901232334j:plain

インスペクター四天王の1人だが、どうも小悪党な印象

今回のボスは、コイツで固定です。
と言うのも、此処までの特殊MAPのボスは、

・四天王その1
・四天王その2
・四天王その3

の誰かから選ばれますが、
1度撃破されたボスは除外されます。

10Fでその3を、15Fでその2を撃破した為、
今回は残ったその1が確定で出現する、と言う訳です。

それでは、行きましょう!

ステージ攻略

さて、攻略開始です。

毎度お馴染みの特殊MAPなので、ステージ中央にボスが居ます。
ボスの射程内に入ると、いきなりこちらに向かってくるので、
射程に入らない様に立ち回ります。

f:id:Werver:20200902150629j:plain

意外と広いので、こまめに確認しましょう

ただ、今回は金持ちの敵が多いので、がっぽり稼がせてもらいましょう。

しかし、左上のAチーム付近に怪しい影が・・・、

f:id:Werver:20200902151414j:plain

以前紹介した敵の上位種

初期配置近くに、MAP兵器持ちのザコ敵が居ました。
いきなり撃たれると危険なので、速攻で撃破します。
(コイツの場合、金持ちなのにMAP兵器を撃つと自爆して、
獲得資金が0になるので、尚更です)

その後、ザコ敵を殲滅しつつ、
近付いて来た説得可能ユニットを、説得します。

f:id:Werver:20200902153539j:plain

耐久が低いと、HPの調整も一苦労です

この様に、説得時にはリーダーユニットが相手に呼びかけますが、
パイロットによって台詞が変わります。
基本的には「(一人称)の仲間になって(キャラの語尾)」なのですが、
一部のキャラだと、原作の名言や迷言が飛び出したりします。

いろんなユニットをリーダーにして、メッセージを見てみるのも
一つの楽しみでしょう。
(今回の縛りでは、この台詞しか見れませんが・・・)

さて、説得の結果は・・・、

f:id:Werver:20200902154928j:plain

成功です!

仲間に加わってはくれましたが、戦力的にはイマ三レベルなので、
戦闘機に乗ったまま、MAPの隅に避難させます。

・・・が、ザコ敵は倒したものの、
両チームの合流に時間がかかりそうなので、
囮になってもらいます。

f:id:Werver:20200902160745j:plain

戦闘機に乗っている状態なら、1度だけ撃墜されても大丈夫です

そのおかげで、上手く合流出来ました。
と言う訳で、ボス戦です!

f:id:Werver:20200902163025j:plain

特殊MAPのボスだけあって、能力が高水準です

しかし・・・、

f:id:Werver:20200902163146j:plain

原作では確かにそういう役どころが多かったですが・・・

これはひどい

Lvが低いスカイガールズに経験値を与えるために、
最初に合体攻撃を仕掛けた結果、
ボスが『行動不能』の状態異常を喰らいました。

こういう事にならない様に、
ボスの技量は高めに設定されているハズですが・・・、

とは言え、行動不能は敵のターンになった時点で解除されるので、
耐久がかなり高いこのボスをこのターンで撃墜しないと危険です。

ですが、味方が通常の倍近く居るので、
余裕を持って、撃墜出来そうです。

f:id:Werver:20200902170921j:plain

まだ行動出来るユニットがそこそこ居て、この状態

と言う訳で、今回はT-elosで撃墜します。

f:id:Werver:20200902171315j:plain

ここまでする必要は無いでしょうが、一応

今作では、本家と違い『熱血(1度だけ与えるダメージ2倍)』や、
『魂(1度だけ与えるダメージが3倍)』を使用しても、
クリティカルヒットする為、『痛撃(1度だけクリティカル率100%)』や、
『闘志(1ターンの間、クリティカル率100%)』との同時使用が有効です。

f:id:Werver:20200902172444j:plain

今作の仕様上、どのくらいのオーバーキルかはわかりませんが・・・

撃墜に成功しました!
これで、ステージクリア!

ボス撃破後

ちょっとした事情の為、今回からしばらくは、
クリアボーナス・ガチャ回数+狙いのリセマラを
中断します。

それで、今回選択したのがコチラ。

f:id:Werver:20200902174907j:plain

右の、裏向きのカードのアイコン

このカードのボーナスは『ラッキー』。
所謂、運試しです。
果たして、その結果は・・・、

f:id:Werver:20200902180805j:plain

中々良い物を引きました

『小アタリ』でした。
これだけなら良い事づく目ですが、
勿論ハズレもあり、獲得資金・RPが半減、
酷い時には0になってしまうので、
自信が無ければ、選ばない方が良いでしょう。

ロボガッチャ

 今回のガチャ結果はコチラ。

f:id:Werver:20200902211139j:plain

『案山子』と総称されるカラクリ人形

f:id:Werver:20200902211306j:plain

作中で、ゴジラ東宝怪獣と共演したヒーロー

f:id:Werver:20200902214328j:plain

色々あって、ニックネームが沢山あるウルトラマン

おや・・・、

f:id:Werver:20200902214451j:plain

前述した通り、ガチャ回数は増やしたくないのですが・・・

アタリが出ました。
確率はそこまで高くない筈ですが・・・。
とりあえず、引いておきましょう。

f:id:Werver:20200902222702j:plain

光の力で変装する、正義?のヒー・・・ロー?

次回に続く。

ユニット解説

この解説を読むにあたって、以下の注意事項は必読です。
・筆者の独断と偏見で書いております。
・この縛りでの評価ですので、通常プレイでの参考にはあまりなりません。
・評価はA~Eの五段階評価です。
 ・A 1軍
 ・B 1.5軍
 ・C 2軍
 ・D 3軍
 ・E 戦力外

以上に気をつけてお読みください。

今回解説するユニットはコチラ。

・高山我夢

f:id:Werver:20200902223347j:plainf:id:Werver:20200902223449j:plain

平成ウルトラマンシリーズ『ウルトラマンガイア』の主人公。
シリーズで初めてのWウルトラマン体制が特徴の作品。

最初は戦闘機で出撃し、『脱出』するか
撃墜されると生身で飛び出し、そこで変身出来る。
変身する時に、EN(と一応HP)が全回復する。
この縛りでは生身形態のみ使用可能。
しかし、耐久がほぼ0な上回避も少し低い。
移動後に攻撃出来ず、火力も低い。
我夢の場合は、これと言った長所が無く、
あえて使う理由は無いだろう。

評価:D

・玖吼理 パイロット:枸雅詩緖

f:id:Werver:20200902223621j:plainf:id:Werver:20200902223549j:plain

漫画『神様ドォルズ』の主人公・・・の妹。
玖吼理は、主人公の出身の村に伝わる、意志で操作するカラクリ人形。

耐久が低いものの、回避が高い。
移動力も高い上に、移動後射程3の武器を持ち、
小回りの良さがピカ一である。
また、EN回復能力持ちで、武器のEN消費も少なく、
ガス欠を心配する必要無く戦えるが、
必殺技でも火力がそこそこ止まりなので注意。
更に、パイロットの詩緖が超能力持ちで、
精神に『祝福』を所持している為、
資金稼ぎにも役立ってくれる。

評価:B
ちなみに今作ではSサイズだが、原作の描写から、
SSサイズ相当と判断し、使用可能とした。

・ゾーンファイター

f:id:Werver:20200902223838j:plainf:id:Werver:20200902223859j:plain

東宝制作の特撮番組『流星人間ゾーン』の主人公。
作中で様々な東宝怪獣と共演している。

東宝出身だが、基本はウルトラマン系と同仕様で、
最初は戦闘機で出撃し、脱出するか撃墜されると
等身大形態で出現する。
巨大化することも出来るが、今回は使用出来ない。
耐久はウルトラマン系と比べればだいぶマシだが、
それでもかなり低く、回避は少し高い。
移動力は高いが、火力は全体的に低い。
と、ウルトラマン系とあまり変わらない能力である。

評価:D
ちなみに、巨大化形態では『ゴジラ』や『ジェットジャガー
との合体技を所持しているが、
ジェットジャガーとは共演しておらず、
所持理由は謎である・・・。

・郷秀樹

f:id:Werver:20200902224301j:plainf:id:Werver:20200902224213j:plain

ウルトラマンシリーズの1つ『帰ってきたウルトラマン』の主人公。
ちなみに『ジャック』という名前は、
放映後かなり経ってから付けられたものである。

最初は戦闘機で出撃し、脱出するか
撃墜されると生身で飛び出し、そこで変身出来る。
変身するときにEN(と一応HP)が全回復する。
この縛りでは生身形態のみ使用可能。
しかし、耐久がほぼ0な上回避も並。
移動後に攻撃出来ないが、
気力が上がれば長射程で中々の威力の武器を使用出来る。
但し、弾数がかなり少ないのですぐ息切れする。
とは言え、そこまで耐えられるか、という問題もあるが・・・。

評価:D