クロスモード37F 激突する『信念』と『憎しみ』と『怒り』

インターミッション

今回のステージ開始前準備では、
・バザーは利用していません
・強化パーツを付け替えませんでした
・以下のユニットを改造しました
 ・KOS-MOS:5→6
 ・T-elos5→6
以上です
では、次のステージへ行きましょう。

ロボッと!ダンジョン37F

出撃準備

では、出撃メンバーを決めましょう。

f:id:Werver:20201012022702j:plain

今回の出撃メンバーです

そして、出撃位置を調整します。

f:id:Werver:20201012022725j:plain

序盤から、中々の戦いになるであろう初期配置

今回の説得可能ユニットは、

f:id:Werver:20201012022943j:plain

作品毎で、設定・性格がかなり変わっている人

そしてボスがコチラ。

f:id:Werver:20201012023218j:plain

ガンダムシリーズお馴染みの『顔を隠した強敵』

では、行きましょう!

ステージ攻略

さて、攻略開始です。

今回は、出撃位置にザコ敵が重なっている為、
まずはそれらを相手にします。
その中に、注目の相手が居ました。

f:id:Werver:20201012145534j:plain

GジェネオリジナルのMA

このユニットは、対して強くはありませんが、
撃破時の獲得資金がかなり多く、
(『巨神兵』や『EVA量産機』と同程度)
美味しい相手です。

そして、そのままザコ敵を倒していると、
他のザコ敵と共に、
説得可能ユニットが接近して来ましたので、
説得していきます。

f:id:Werver:20201012170115j:plain

命中率が低いとあまり削れませんが、下手に上げると倒してしまうジレンマ

f:id:Werver:20201012170546j:plain

上手く行きました!

説得に成功しました!
ステルス持ちで狙われづらい為、
このまま戦闘に参加させます。

その後も、ザコ敵を片付けていましたが・・・、

f:id:Werver:20201012192538j:plain

今までの周回では、ここまで出現する様な事は無かったのですが・・・

またまた、ゴジラが出現しました!
1度撃退しているので、撃退しなくても良いのですが、
せっかく出て来たので、経験値と資金になってもらいます。

幸い、出現位置がボスの向こう側なので、
しばらくは、ボスに相手をしてもらいましょう。

そして、ザコ敵を全滅させましたが・・・、
ボスの射程が長く、迂闊に近寄れません。

f:id:Werver:20201012193511j:plain

これだから、ファンネル系統持ちMSは苦手です

いつもなら、射程ギリギリに待機して、
誘き寄せるのですが、
今回はゴジラが居るので、
このままでは、不毛な戦いを続けるだけです。

※ちなみに、
 ・クルーゼ→ゴジラ:火力が低く、自動回復を越えられない
 ・ゴジラ→クルーゼ:命中が低く、攻撃が当たらない
 という状況になっていました。

今回の出撃メンバーに『挑発』持ちが居ない為、
玖吼理を囮にしつつ、近付く事にします。

・・・が、このターンは近付くだけで、
陣形がバラバラになっているので、
もう1ターン使って、陣形を整えます。
この時は『かく乱』と、それぞれの防御系精神を利用して、
何とか耐え切ります。

そして、次のターン、
まずは全力でゴジラを攻撃し・・・、

f:id:Werver:20201012194827j:plain

よく考えれば『宇宙刑事VS怪獣王』という、夢の対決でした

ゴジラを、撃退しました!

続けてボスを攻撃しますが、
このボスユニットは『特殊能力で耐久が底上げされる』為、
このターンでは撃破出来ませんでした・・・。

返しのターンの攻撃を何とか耐えつつ、
次のターン、残った力を結集し、トドメです!

f:id:Werver:20201012195443j:plain

回避も耐久も高Lvという、恐ろしい強敵でした・・・

これで、ステージクリア!

ロボガッチャ

今回のガチャ結果はコチラ。

f:id:Werver:20201012195700j:plain

初の巨大ロボ戦を繰り広げた戦隊

次回に続く。

ユニット解説

この解説を読むにあたって、以下の注意事項は必読です。
・筆者の独断と偏見で書いております。
・この縛りでの評価ですので、通常プレイでの参考にはあまりなりません。
・評価はA~Eの五段階評価です。
 ・A 1軍
 ・B 1.5軍
 ・C 2軍
 ・D 3軍
 ・E 戦力外

以上に気をつけてお読みください。

今回解説するユニットはコチラ。

草薙素子

f:id:Werver:20201012200403j:plainf:id:Werver:20201012200440j:plain

サイバーパンクの金字塔『攻殻機動隊』シリーズの主人公。
脳と精髄の一部以外を機械化したサイボーグである。

耐久が低いものの、回避がかなり高い上、
ステルス持ちで狙われづらい為、生存率が高い。
射程は普通で、移動後射程2武器を持っているが、
火力は全体的に低い。
しかし、特殊武器の『ゴーストハック』が強力で、
『麻痺』か『即死』の効果が発動する。
麻痺は(相手ターンで数えて)2ターン動けなくする。
即死は文字通りで、どちらの効果も強力だが、
CT発生確率に-補正が掛かり、発動しづらい。
更に、素のままでは空中に届かない。
その上、宇宙戦がかなり苦手なので、
フォローが必要である。
とは言え、サブパイロットにタチコマが居るので、
精神が豊富な為、上手く立ち回りたい所。

評価:B

・バトルフィーバー隊

f:id:Werver:20201012200550j:plainf:id:Werver:20201012200522j:plain

スーパー戦隊シリーズ第3作『バトルフィーバーJ』の主役チーム。
ちなみに、バトルフィーバーJとは数回しか名乗っていない。

ユニット名が示す通り、5人1組で行動するユニット。
耐久と回避はそこそこしか無いが、
戦隊系共通の固有能力『○○ファイト』(○○には戦隊名が入る)が強力で、
攻撃した時に、70%の確率で追加攻撃するのだが、
その追加攻撃でも判定が発生するため、
運が良ければ、かなりの回数の追撃が出来る。
しかし、追加攻撃の射程が1なので、
隣の敵にしか追撃せず、空中の敵にも届かない。
更に、追撃含めて火力が全体的に低く、
相手の気力を上げただけに終わってしまうことも・・・。
とは言え、必殺技の威力が結構高いので、サポートだけでなく、
ボスキラーも一応こなせる・・・かも知れない。

評価:C

アンパンマン(改)

f:id:Werver:20201012200629j:plain

アップグレードにより『勇気100倍』になったアンパンマン
ついでに、アンパンマン号も若干強化される。

気力が130以上になると、勇気100倍モードに移行し、
耐久と回避が上昇する。
更に、武装が強化され、ダメージに+補正が掛かる様になる。
特に、新必殺技の『ロケットアンパンチ』が強力で、
移動後射程3の為、かなり扱いやすい。

評価:A
ちなみに、アンパンマン号のHPが30%以下になると、
ロールパンナ』が何処からか駆け付けて来てくれる。
更にサポートに磨きがかかるが、狙うのは少し厳しいだろう。

ロックマンX(X3)

f:id:Werver:20201012200711j:plain

ロックマンXは装備するアーマーで、武装が大きく変わる為、
ここでは1作づつ解説する。今回は『X3アーマー』。

他のアーマーに比べて、耐久が若干低いものの、
代わりにバリアが付いており、
威力の低い攻撃を無効化出来る。
更に、性質の違う3種類のMAP兵器を持っており、
単体威力も全アーマーで一番高い。
しかし、射撃強化能力がオミットされているので、
総合火力は、他のアーマーと同じ位だろう。

評価:B