クロスモード12F 相まみえるは『地球の超戦士』と『月の狂戦士』

インターミッション

今回のステージ開始前準備では、
何もしていません。

以上です
では、次のステージへ行きましょう。

ロボッと!ダンジョン12F

出撃準備

では、出撃メンバーを決めましょう。

f:id:Werver:20200815002248j:plain

ゲームの更新により、アダムにユニットアイコンが付きました

そして、出撃位置を調整します。

f:id:Werver:20200815002330j:plain

すぐ近くの市街地に陣取りたい所

今回の説得可能ユニットは、

f:id:Werver:20200815002409j:plain

ストーリーや敵のスケールが壮大な戦隊

そしてボスがコチラ。

f:id:Werver:20200815002446j:plain

敬愛する上司が失脚し、狂った『騎士』

では、行きましょう!

ステージ攻略

さて、攻略開始です。

今回の説得可能ユニットは、離れた所に居るので、
最初に周りのザコ敵を片付けます。

戦隊系ユニットは、5人組と言う事もあって、
確実に『加速』を持っています。
その為に、結構早く近付いて来るのですが、
同時に『気合』も持っている為、
いきなりロボに乗り込んで襲って来ます。
とは言え、的が大きくなって頑丈になっているので・・・、

f:id:Werver:20200815002759j:plain

少々可哀想な気もしますが・・・

簡単にHPを適量で削る事が出来ます。

さて、説得の結果は・・・、

f:id:Werver:20200815002857j:plain

上手く行きました、が・・・

これにて、チェンジマンが加入した訳ですが、
戦隊系も、ロボに乗り込むと、
そのステージでは降りる事が出来ません。
と言う訳で、ステージの隅に引っ込んで、
精神でサポートして貰う事にします。

そうこうしている内に、同じく加速を持っているボスが
こちらに突っ込んで来ました。
コイツもMAP兵器を持っているのですが、

f:id:Werver:20200815002930j:plain

ボスも『援護』を持っているので、ザコと隣接されると厄介です

性格が『強気』なので、ザコの相手をしている分には、
気力がMAP兵器の使用に必要な所まで溜まりません。
ある程度は安心して、ザコ退治に勤しめます。

それから、ザコを全滅させてボス戦です。
前述の通り、MAP兵器持ちなので1ターンで決着をつけます。

そして・・・、

f:id:Werver:20200815003015j:plain

援護役を残しておくと安心です

何時もの様に、資金稼ぎの為、
『幸運』持ちのドラえもんチームで撃墜します。

f:id:Werver:20200815003059j:plain

ドラえもんチームで墜とすのは、今回で最後になりそうです(理由は後日)

これで、ステージクリア!

ロボガッチャ

今回のガチャ結果はコチラ。

f:id:Werver:20200815003327j:plain

特撮の金字塔の1つ、その初代主人公

f:id:Werver:20200815003355j:plain

「元々、主人公はワシだったハズなんだがなぁ・・・」

次回に続く。

ユニット解説

この解説を読むにあたって、以下の注意事項は必読です。
・筆者の独断と偏見で書いております。
・この縛りでの評価ですので、通常プレイでの参考にはあまりなりません。
・評価はA~Eの五段階評価です。
 ・A 1軍
 ・B 1.5軍
 ・C 2軍
 ・D 3軍
 ・E 戦力外

以上に気をつけてお読みください。

今回解説するユニットはコチラ。

チェンジマン

f:id:Werver:20200815003604j:plainf:id:Werver:20200815003625j:plain

スーパー戦隊シリーズ第9作『電撃戦隊チェンジマン』その人。
宇宙刑事シリーズの様な、宇宙的スケール感の作風が特徴。

ユニット名が示す通り、5人1組で行動するユニット。
耐久と回避はそこそこしか無いが、
戦隊系共通の固有能力『○○ファイト』(○○には戦隊名が入る)が強力で、
攻撃した時に、70%の確率で追加攻撃するのだが、
その追加攻撃でも判定が発生するため、
運が良ければ、かなりの回数の追撃が出来る。
しかし、追加攻撃の射程が1なので、
隣の敵にしか追撃せず、空中の敵にも届かない。
更に、追撃含めて火力が全体的に低く、
相手の気力を上げただけに終わってしまうことも・・・。
但し、必殺技の威力がかなり高く
(ロボットガールズやスカイガールズの合体攻撃に少し劣る程度)、
5人分の精神で上手く立ち回れば、ボスキラーとして活躍出来る。

評価:C

・ハヤタ・シン

f:id:Werver:20200815003802j:plainf:id:Werver:20200815003741j:plain

特撮の金字塔の1つ、ウルトラマンシリーズの
第1作、初代『ウルトラマン』の人間態。

最初は戦闘機で出撃し、『脱出』するか
撃墜されると生身で飛び出し、そこで変身出来る。
変身する時に、EN(と一応HP)が全回復する。
この縛りでは生身形態のみ使用可能。
しかし、耐久がほぼ0な上回避も並。
移動後に攻撃出来ず、火力も低い。
気力が少し上がればまだマシにはなるが・・・。
ハヤタの場合は、最強武器が強力。
だが、必要気力がかなり高いので、
そこまで生き延びられるかと言うと、かなり厳しいだろう。

評価:D

・アラレちゃん

f:id:Werver:20200815003927j:plainf:id:Werver:20200815003958j:plain

鳥山明氏が『ドラゴンボール』の前に手がけた作品、『Dr.スランプ』の主人公。
元々は第1話で消える予定だったが、編集部の意向で主人公になった。

最初に個人用宇宙船『スランプ号』(4人乗り)から出撃させる為、
本人にガッちゃんがお供に付いている事もあり、総勢6人乗りユニットとなる。
完全なアンドロイドなので、耐久はかなりの物。
但し、命中・回避が低い典型的なスーパー系ユニットである。
そのため、火力もかなり高く、2種類の特殊武器を持っている。
更に、範囲が特殊で狭いものの、
MAP兵器も持っている為、縦横無尽な活躍が出来る。
燃費は少し悪いが、スランプ号の特殊コマンドでENを1回だけ
全回復出来、長期戦にも強い。
(隣接していないと使用出来ないので、対策をしっかり取っておく事)
しかし、万が一撃墜されると、某初号機の様に暴走し、
ステータスが大幅に上昇した上で、無差別に攻撃を仕掛けてくる。
上述のようにMAP兵器も持っているので、
万が一にも撃墜されない様に気を付けよう。

評価:A

・スペイザーグレンダさん

f:id:Werver:20200815004056j:plain

アップグレードにより、スペイザーを背中に装着したグレンダさん。
アイコンだと分かりづらいが、露出度がかなり高めになっている。

最初からこの形態で出撃する訳では無く、気力120で装着する。
この形態になると、ステータスと空適応が上昇し、
ダブルハーケンが『トリプルハーケン』に変化する。
威力が大幅に上がるが、ENをそこそこ消費する様になっているので、
使いすぎて、ボスに必殺技が撃てない、何て事の無いように注意しよう。

評価:A