クロスモード11F 氷河の戦場に踊る『たった一人の英雄』と『機械の偽鬼神』

インターミッション

今回のステージ開始前準備では、
・バザーは利用していません
・強化パーツを以下の通りに付け替えました
 ・V-UPユニット(U)→坂本美緒(プロペラントタンクと入れ替え)
 ・プロペラントタンク→ティナ・ブランフォード
以上です
では、次のステージへ行きましょう。

ロボッと!ダンジョン11F

出撃準備

では、出撃メンバーを決めましょう。

f:id:Werver:20200813003414j:plain

今回の出撃メンバーです

そして、出撃位置を調整します。

f:id:Werver:20200813003449j:plain

雪原MAPですが、茶色い部分は普通に移動できます

今回の説得可能ユニットは、

f:id:Werver:20200813003528j:plain

地球防衛軍シリーズの初代主人公

そしてボスがコチラ。

f:id:Werver:20200813003557j:plain

スーパー系ではお馴染みの主人公機の偽物

では、行きましょう!

ステージ攻略

さて、攻略開始です。

今回はすぐ側に説得可能ユニットが居るので、
早速説得します。

f:id:Werver:20200813003707j:plain

大体は一回でそこそこの所まで削れます

f:id:Werver:20200813003737j:plain

上手く行きました!

その後、周りのザコ敵を相手にするのですが、
10Fを越えた事で、さらに敵が強くなっており・・・、

f:id:Werver:20200813003816j:plain

『集中』を使っても、お互いにこの命中率です

中々にキツい戦いを強いられます。
その結果、『零神』が撃墜されてしまいました・・・。

犠牲を払いながらも、何とかザコ敵を全滅させ、
ボスとの戦いに挑みます。

f:id:Werver:20200813003918j:plain

HPがかなり跳ね上がってます

このフロアからは、ボスが撤退しなくなります。
HPを全て削らないといけないので、大変ですが、
逆に誰でもトドメを刺せると言う事なので、
経験値や撃墜数が欲しいユニットに食わせます。

f:id:Werver:20200813004438j:plain

台詞が面白くて、戦闘アニメをスキップ出来ないタイプの敵ですね

これで、ステージクリア!

ボス撃破後

これから、クリアボーナスの選択ですが、
MAP上で味方が撃墜されていると、
選べるボーナスにこんな物が出てきます。

f:id:Werver:20200813012405j:plain

ハートマークのアイコンのボーナスです

これを選択すると、撃墜された味方が『復活』します
つまり、『このステージの修理費が0になる』効果、とも言えます。
まぁ、墜とされた面子によっては、
別の物を選んだ方が+になるかもしれませんが・・・。

ロボガッチャ

今回のガチャ結果はコチラ。

f:id:Werver:20200813012513j:plain

『超時空シリーズ』に色々と因縁がある作品

f:id:Werver:20200813014924j:plain

実は『ガオガイガー』の外伝作だったりします

次回に続く。

ユニット解説

この解説を読むにあたって、以下の注意事項は必読です。
・筆者の独断と偏見で書いております。
・この縛りでの評価ですので、通常プレイでの参考にはあまりなりません。
・評価はA~Eの五段階評価です。
 ・A 1軍
 ・B 1.5軍
 ・C 2軍
 ・D 3軍
 ・E 戦力外

以上に気をつけてお読みください。

今回解説するユニットはコチラ。

・ストーム1

f:id:Werver:20200813015407j:plainf:id:Werver:20200813015436j:plain

地球防衛軍(1)、及びそのリメイクの地球防衛軍3のプレイヤーキャラ。
顔グラがエンブレムなのは、特にキャラ設定が何もされていない為。

長射程武器を含む豊富な射撃兵器を所持しているので、援護や反撃には困らない。
射程1~2のP武器もあるが、移動力が低く空も飛べないので攻め込むのは苦手。
一応、バイクに乗る移動形態もあるが、回避が下がるのでオススメできない。
最強武器のジェノサイドガンは威力は高いものの、
『防御とシールドを無効にするが、この攻撃でHPが0にならない相手には効果がない』
と、かなりクセが強い代物。
回避が微妙に低いのであまり攻撃を受けないように立ち回りたい。
決して弱いわけではないが、元々『ゲームシステム上援護が無いが、
例外的に援護が出来る』事を前提にした強さなので、
『全員援護が出来る』クロスモードだと
相対的に弱体化してしまっている。

評価:C

モスピーダ パイロット:スティック・バーナード

f:id:Werver:20200813015912j:plainf:id:Werver:20200813015602j:plain

タツノコマクロスの後に制作した、
アニメ『機甲創世記モスピーダ』の主役機。
ちなみに、パイロットは主人公では無く副主人公である。

モスピーダ』とは、パワードスーツの名前であり、バイクに変形する機能を持つ。
出撃時は、『レギオス』と言う可変戦闘機で出撃し、『脱出』して運用する。
その性能は残念ながら良いとは言え無い。
回避は少し高いものの、耐久は紙。
火力も低い上に、弾数も少ないとどうしようも無い。
原作でも大型の敵メカに歯が立たなかった事が多いので、
仕方のないことではあるが・・・。

評価:D

ベターマン・ラミア

f:id:Werver:20200813020105j:plainf:id:Werver:20200813020042j:plain

ガオガイガー』と同じ世界を舞台にしたアニメ『ベターマン』のキーキャラ。
深夜アニメで本家に初参戦した作品である。

変身前の基本形態であり、変身して戦うことが前提の為、
原作ではこの形態で戦闘していないこともあり、かなり弱い。
回避はかなりあるものの、耐久がかなり低い。
通常武器が1つだけな上、低威力で射程1、更に空中に攻撃出来ない。
但し、3種類の特殊武器で敵の能力を下げたり、
味方の状態異常を回復する特殊コマンドを持っているので、
それらでサポートする方向で運用して行きたい。

評価:D

・デビルスクランダーZちゃん

f:id:Werver:20200813020136j:plain

アップグレードにより、デビルスクランダーを装備したZちゃん。
『カイザー』や『ゴッド』では無いのは、所謂『大人の事情』というやつである。

最初からこの形態で出撃する訳では無く、気力120以上で装着する。
Zちゃんは初期気力が上昇する特性持ちなので、3人の中で一番なりやすい。
翼が付いた事で空適応が上昇し、移動力もアップする。
また、ロケットパンチが『デビルロケットパンチ』に変化。
それにより、威力が大幅に上昇したが、ENを消費する様になった為、
無消費武器が無くなり、燃費が悪くなっているので、そこだけは注意。

評価:A